スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えない変化

最近、人と話していて、同じ言葉

を使っているのに

感覚的に 全く通じないひとと

ちょっとしか会ってないのに

すごく通じ合う人の

両極に分かれてきたような気がする


家族だろうが遠い人だろうが

関係なくそう感じる

きっと周波数みたいなものが違ってきているんだろうね

NHKラジオが好きかFMが好きかみたいな

持ってる周波数の違い みたいに


スポンサーサイト

久しぶりに

10月もあっという間に終盤

今日は久々にちょっとゆっくりできています

私たちも日々変化し、世の中の流れも 自然も全てが

変化しながら進んでいますね

10月も一つの変化の始まりの意味ある月とか


何十年も前に蓋して生きよう、蓋をせずに生きていくと この世の中や人に

出すと、自分がとても生きにくくなってしまうから

完全に蓋して人生逃げ切ろう!

そう決めて、数十年きたものがあった

でも、この間 ちょっとしたきっかけで

バカーっと蓋が開いたてしまった

現実の私はびっくりして 顔が青ざめて

うっそ! 逃げ切りOK のはずが! しまった!

と思ったが

本来 中にあるものは ちゃーんと 明るみに出てくるように

なってるんですねー

自然やこの大いなる仕組みに

降参します と素直になったら

肩の力が」抜けてとても楽な気持ちになりました

これからますます

蓋が開いて 解放されていくのでしょうね



目の前の・・・

久しぶりにブログを開きました

毎日毎日パタパタした日々


最近感じることが

「自分の目の前にいる人って、自分の鏡になって 中の物を見せてくれてるのだなー」

と これまでもそんな体験がたくさんあったけれど

最近またまた強烈に 個性豊かな人たちとお会いする機会が増えている

でも多分私も個性が強烈だから 個性が豊かな人に会うんだよね~


先日お会いした男性の方が 私の父の持っている部分にそっくりで

困ったことは笑ってやり過ごす

暖簾に腕押しで、柳のように押されたら左 押されたら右

というような方だった 

その方は 本当に優しい方で素晴らしくいい人なのだ

子供のころから 優しいけど ガンとしたところのない父に

腹が立っていたり、母が父にイラついたりしているのを感じて育った

からなのか、いい目に会ってないのか、私の中には

男性不信みたいな気持ちが ある 

いろんな人に向かって

「男のくせにせこせこしやがって」「おとこのくせにもっと清々堂々としろよ」

などど心の中で何回唱えてきたか

でも、そんな想いがある私の周りには 正々堂々した男性は今まで

見当たらない

男の人はみんな 基本中身は 情けないのか?

と思ってきた

今も100パーセントぬぐえてはいないけれど

これって私の中の

男性不信 とか 「男のくせに・女のくせに・母親のくせに・・・」

などの風習みたいなもの 性格の癖みたいなものが 私の中にあるから

その表れとしてそう見える人が配置されたり、

また、そういうところばかりが気になるようになっているだけなのでは?

本当は全然違うタイプの人なのに 私の中にある 私の想い という

フィルター通してみているに過ぎない

そのフィルター通してみたものは そのものでなく

歪んで色をつけて見ているのに 嫌だの腹立つだの むかつく 情けない

そんな感情がわいていたのだろう

本当に情けないのは そのフィルターを通したものに捕らわれてる自分 だよな~

そう思った今日この頃

初体験

今日は お友達に紹介されて

人生初のヨモギ蒸しを体験した

ヨモギ蒸しとは

よく韓国のエステなんかで

テルテル坊主みたいになって

ヨモギの煙を

穴の開いた椅子に座って

子宮や内臓を温めるやつです

おしりが熱いくらいに蒸されて

汗をたくさんかきました

途中でだんだんサラッとした汗に変わり

デトックスされたようでした

お腹や腰、わき腹などが冷えていたのが

ほかほかで帰ってきました

またやってみよう・・・

最近ヨモギの棒灸というのを鍼灸師の

Sちゃんにやってもらってから

ヨモギとか灸とか

にピピッと反応する私がいるかも

先日は高句麗の子孫という方にお目にかかったり

体が韓国料理を欲していて

体がボーっと燃えるように腹の中から

熱くなるような食べ物を食べたくなったり・・・

一説によると日本人は朝鮮からきたとか

朱蒙(高句麗を創った人なので先日お会いしたかたはその

末裔?)

を見ながらあれ?私もなんでこんなに

キムチやビビンバが食べたくなるの?

と思った

季節の移ろいのせいなのか?



自分を超える

最近、自分が子供のころから

当たり前に あった常識

たとえば こうしちゃいけない

こういうときはこうするべき

みたいな

自分の中に 自分でくっつけた 殻みたいなものを

壊して

やってみたことないけど やってみよう!

ってことをやってみた!

いつものわたしなら

みっともないからやらない あたまで考えてやらない

面倒だからやらない

そんなことをあえて 自然に任せてやってみた

そしたら、自分の中の

なにか もう一人の自分が

殻を破ったことで うれしくて

ピョンピョコ ピョンピョコ

飛び跳ねるくらい

喜んでる 感覚だった

何か 今まで自分で自分はこういう人

見たいに 決めていた枠をはずした感覚で

自分を超えて 新しい自分を発見する みたいな

うれしい感覚
プロフィール

くるりんぱ

Author:くるりんぱ
震災後、いろいろな変化の日々
時間がぐっと変化したように感じ
私もリセット!
自分の中から出てきたことを一つ一つ丁寧に現実に形や行動に表してみようともっか日々奮闘中

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。